圖書館選書

「内なる図書館」について 

  • これまで読んだ本、読んだけど忘れた本、噂に聞いたことのある本、どこかでその批評を読んだことのある本…諸々の記憶の断片から、それはなっている。

 

  • これまでどういう本に囲まれてきたか。どのような価値観をそこから植え付けられてきたか。それについて、どういう人々から、どういうことを吹き込まれてきたか。一見生得的とも見える「相性」は、実は人の「内なる図書館」の履歴によって規定される。

 

  • 「内なる図書館」は、私たちの感性の受信機である。

———岡田暁生、『音楽の聞き方』