2020年国際開発学会・全国大会

ラウンドテーブル

「若手部会セッション:変動の時代における知の役割」

2020年国際開発学会・全国大会

ラウンドテーブル

「変動の時代における知の役割」

​要旨

 

 

 

 本セッションは、国際開発学会の「若手による開発研究」部会メンバーによるセッションである。

 それぞれの発表者が自分の事例をもとに、社会が大きく変化する過程において人々の「知」が果たした役割について考察することを通じて、今日の社会変化にどう対応できるかを考える。3人による報告の後に討論者が問題提起を行い、オーディエンスの方々とともに議論を深めたい。

登壇者01/宮川慎司

フィリピンのスラムからみる規範・行動の変化

登壇者02/大山貴稔

川喜田二郎の「探検」と開発:知識の浮き沈み

登壇者03/石暁宇

コロナ対策と政治体制の関係:​変化の原因分析

討論者/汪 牧耘

各発表からみる「変動と知識の役割」

  • ​社会変動は必ずしも新しい知の創出を促すわけではない

  • 社会変動と自らの研究や実践との関係をどう考えているか?

  • コロナは、国際開発学の知識の創出にどのような影響を与えるか?